お金を借りる時の上手い言い訳

趣味にお金を使いすぎてしまったりして金欠になってしまう事はありませんか。そのような時、親や友達にお金を借りようと思っても、理由を話すことはできません。趣味に使っていると知られてしまったら、信用されなくなり貸してもらう事はできないでしょう。そこで、お金を借りる時の上手い言い訳をご紹介します。まず、友達にお金借りる時の言い訳です。一緒に飲みに行った場合は、お会計の時にお金をおろすのを忘れたと言いましょう。できれば、友達の分もクレジットカードで払い、その分は現金でもらいます。更に、帰宅するまでに何かあったら怖いからといくらかお金を貸してもらうよう交渉します。この方法を実践する時は、必ず後で返せるようにアルバイトなどをして貯金をしておくことが必須になります。親からお金を借りる時の言い訳は、いくつかありますが、授業で高い参考書が必要になったからと伝えるのが良いでしょう。学業に必要なものであれば出してくれる親もいますが、ここはあえて後で返す約束をします。その約束を守れば、信用を失うリスクは少なくて済むでしょう。しかし、親は何も言わなくても子供の状況が分かってしまうものです。もし、嘘がばれた場合は正直に白状する勇気が必要です。以上、お金を借りる時の上手い言い訳を紹介しました。極力、人に借金をすることは避けられるよう、不測の事態に備えてしっかりとアルバイトをし、余裕が出るように貯金をすることが大切です。

17. 3月 2017 by Johns
Categories: お金を借りる | Tags: , | Leave a comment